他の矯正との併用

助矯正との併用

補助矯正期間

補助矯正期間

『インビザライン』は、装置が目立たず、食事や歯磨きのときには装置を取り外せる優れた矯正治療です。しかし、日本人の場合、欧米人に比べて骨格的な問題から生じる不正咬合が多く、凸凹が大きいので、インビザラインだけでの治療ができないこともあります。
その場合、インビザラインだけでなく、ブラケットとワイヤーを使う『ワイヤー矯正』などの『補助矯正装置』を併用することがあります。 それにより、難しい症例でもより理想的な治療を行なえます。

補助矯正装置を併用するか否かの判断基準は、以下のようになります。

  • 不正咬合が軽度で、補助矯正装置を使わずインビザラインだけで治療できる
  • やや難しい症例で、部分的に補助矯正装置を使ってから、インビザラインを使う
  • さらに難しい症例で、全体的に補助矯正装置を使ってある程度歯を動かしてから、インビザラインを使う。または、インビザラインを使ってから、補助矯正装置を使う
  • 難症例で、インビザラインだけでは治療できない

補助矯正装置を使う補助矯正期間は症状によって異なりますが、短いと約3ヵ月、長いと約1年になります。 しかし、インビザラインでの治療期間と補助矯正期間を合わせたトータルの治療期間を短縮することができます。

補助矯正装置

補助矯正装置には、一般的なものから機能性・審美性に優れたものまで、主に以下のような種類があります。

表側矯正

審美ブラケット(セルフライゲーションブラケット)

痛みの軽減や治療期間の短縮ができるブラケットで、インビザラインの前や後に使われることがあります。
『デイモンクリア』や『クリッピーC』はブラケットが白や透明なので目立ちません。

裏側矯正

クリッピーL

薄く小さく、余分な突起のない丸みのある装置なので、歯の裏側につけてもほとんど違和感がなく、外から見えることもありません。

セルフライゲーションブラケット

『クリッピーL』など、痛みの軽減や治療期間の短縮ができるブラケットで、歯の裏側につけるので、外から見えません。

顎間ゴム

『顎間ゴム』は上顎の装置と下顎の装置にまたがるようにかけるゴムです。
アライナーにゴムを引っ掛け、出っ歯・叢生を改善、噛み合わせを改善・微調整します。ゴムは端の方につけるので、ほとんど目立ちません。

ディスキング

『ディスキング』は、歯を削って歯と歯の間に隙間をつくることで、歯を並べるために健康な歯を抜歯する可能性を回避したり、左右の歯の形態を整えるための処置です。
少量歯を削ることになりますが、虫歯の発症や歯の弱化にはつながらないと証明されています。また、エナメル質が研磨されるので、硬さが増すという報告もあります。

Copyright © 宇都宮 くにい歯科・矯正歯科『見えないマウスピース矯正ガイド』 All Rights Reserved.