通常の矯正との違い

常の矯正との違い

通常の矯正との違い

矯正治療の最も一般的な方法は、歯1本1本に、ワイヤーを固定するためのブラケットという装置をつけ、そこにワイヤーを通し、ワイヤーの力を利用して歯を動かす方法です。
このブラケットとワイヤーを使う方法には、一般的な装置を使うものから機能性・審美性に優れた装置を使うものまで、以下のようにさまざまな種類があります。

表側矯正

ブラケットとワイヤーを歯の表側につける方法なので、装置が外から見えます。特に、通常のブラケットとワイヤーは金属製なので、目立ってしまいます。
『マルチブラケット矯正』『ブラケット矯正』『ワイヤー矯正』ともいわれます。

審美ブラケット

ブラケットがプラスチック、セラミック(陶材)、人工サファイヤなどでできており、目立ちません。 ワイヤーも、銀色ではなく、白、ピンクゴールド、レモンゴールドなど目立たないものを選べます。

デイモンシステム

痛みの軽減や治療期間の短縮ができる『セルフライゲーションシステム』ですが、ブラケットが金属製なので目立ちます。

デイモンクリア

セルフライゲーションシステムで、ブラケットが透明なセラミックでできているので目立ちません。

クリッピーC

セルフライゲーションシステムで、ブラケットがセラミック製なので目立ちません。

裏側矯正

ブラケットとワイヤーを歯の裏側につける方法で、装置を外から見られることなく治療できます。
『舌側矯正』や『リンガル矯正』ともいわれます。

クリッピーL

クリッピーL

痛みの軽減や治療期間の短縮ができる『セルフライゲーションシステム』です。

ハーフリンガル

ハーフリンガル

人目につく上の歯は裏側に、人目につきにくい下の歯は表側にブラケットをつける方法なので、目立ちません。

マウスピース矯正

ブラケットとワイヤーを使わず、薄くて軽い透明なマウスピース『アライナー』をつける方法なので、目立ちません。取り外しできるので、食事や歯磨きに不自由せず、アライナーも洗えます。

インビザライン

インビザライン

『クリンチェック』という歯の移動のシミュレーションを行なって、移動状況に合ったすべての段階のアライナーを一度にまとめてつくり、 約2週間に1回、次の段階の新しいアライナーと交換しながら治療を進める方法です。

このように、インビザラインと通常の矯正との一番の違いは、治療前に歯の移動をシミュレーションできるということです。
治療前に、治療途中や治療後の歯並びすべての段階をシミュレーションでき、コンピューターの画面上でご確認いただける矯正治療は、インビザラインのみです。

ンビザラインのメリット・デメリット

インビザラインのメリット

インビザラインのメリット・デメリット

透明で目立たない

審美性を気にすることなく、周りの人に気づかれずに治療を続けられます。

取り外しできる

装置のない状態で食事や歯磨きでき、装置を簡単に洗えるので、口の中と装置を清潔に保てます。

治療前に歯の移動をシミュレーションできる

『クリンチェック』により、治療途中や治療後の歯並びすべての段階をコンピューターの画面上で確認できます。

金属アレルギーの方にも適応する

ポリウレタン製で金属が含まれないので、金属アレルギーになる心配がありません。

口にやさしい

ポリウレタン製で薄く滑らかなので、口内炎を発症したり、口の中を傷つけたりする心配がない。

通院回数が少ない

約2週間に1回のアライナーの交換を患者様が行なうので、通院の回数が少なくてすみます。

インビザラインのデメリット

症例によっては適応しない

重度の乱ぐい歯や八重歯には適応しないことがあるので、その場合、インビザライン単独ではなく、表側矯正など他の矯正と組み合わせて治療します。

装着時間によって効果に差が出る

1日20時間以上装着しないと、治療期間の延長や治療効果への影響があるので、 食事・歯磨き・アライナーの洗浄のとき以外は意識的に装着するなど、患者様の協力が大切です。

Copyright © 宇都宮 くにい歯科・矯正歯科『見えないマウスピース矯正ガイド』 All Rights Reserved.