スピードマウスピース矯正

ピードマウスピース矯正とは

スピードマウスピース矯正とは

矯正は、骨の代謝を利用し、あえて歯周組織にダメージを与えることで歯を動かす治療です。
歯に矯正力を加えると、歯周組織が炎症を起こします。それを治そうと、ダメージを修復する働きのある細胞が活性化して骨の吸収・形成を促す物質の量が増え、 歯が動くという仕組みになっています。
この仕組みを活用した矯正治療が、『スピードマウスピース矯正』です。

通常、マウスピース矯正は、1つのマウスピースを約2週間つけます。それによる歯の移動量は最大0.25mmなので、歯を大きく動かす場合、治療期間が何ヵ月もかかっ てしまいます。
そこで、当院では、マウスピース矯正に『コルチコトミー』(歯槽骨皮質骨切除術)、または『MOP』(Micro-osteoperforations: 微小骨穿孔治療)という外科処置を組み合わせる方法を採用しています。
これらは顎の骨に外科的なダメージを与えるもので、細胞の活性化により骨の代謝を良好にし、歯の移動速度を速めて治療期間を短縮する方法です。

コルチコトミー

コルチコトミー

別名『歯槽骨皮質骨切除術』といいます。
『ピエゾサージェリー』という、超音波振動を利用する切削器具を使って歯肉を切開し、皮質骨(歯を支える歯槽骨の外側にある硬い骨)を一部除去します。 それととともに、海綿骨(皮質骨の内側にある軟らかい骨)にひびを入れることで、歯を動きやすくする条件を整えます。

MOP

MOP

別名『微小骨穿孔治療』といいます。
『プロペル』という、先端からドリルのようなねじ状の器具が出るドライバーを使って歯肉の上から直接刺し、歯肉を切開・剥離せず骨に3~5mmの小さな穴を開けます。 わずかなひびを入れて傷をつくり、周囲1cmの骨の代謝を促します。
患者様の身体への負担は小さくてすみますが、『コルチコトミー』ほど効果が長続きしないので、症例によっては繰り返し処置する必要があります。

MOPの治療の流れは、主に以下のようになります。

Step.1ネオステリングリーンでよくうがいする
Step.2表面麻酔(ゲルまたはシール)と 浸潤麻酔(注射)を受ける
Step.3プロペルによる微小骨穿孔(数ヵ所)を受ける
Step.4一般的な非ステロイド性抗炎症薬のバファリン、セデス、ロキソニン、ボルタレンなどではなく、タイレノールや、やや多め(1回600~1000mg程度、1の日上限4000mg) のカロナールを服用する

療設備

ピエゾサージェリー

ピエゾサージェリー

ピエゾサージェリー
『コルチコトミー』(歯槽骨皮質骨切除術)という外科処置を行なうときに使う器具です。
超音波振動を利用するので、歯肉の切開・剥離や血管・神経などの損傷なく骨に切り込みを入れられるので、身体への負担が少なくてすみます。

プロペル

プロペル

『MOP』(Micro-osteoperforations:微小骨穿孔治療)という外科処置を行なうときに使う器具で、 ドライバーの先端にドリルのようなねじ状の器具がついた形状をしています。
歯肉を切開・剥離することなく、骨を穿孔(せんこう:穴をあける)して刺激を与えられるので、患者様の身体への負担が少なくてすみます。

Copyright © 宇都宮 くにい歯科・矯正歯科『見えないマウスピース矯正ガイド』 All Rights Reserved.